活性酸素と抗酸化サプリメント

どういった時に、抗酸化サプリメントとを使えば良いのでしょうか。

この酸化とはサビることを指し、抗酸化とはサビを抑止するということです。細胞をサビさせるのが空気中の酸素で、体内で活性酸素という物質に変化していきます。呼吸によって体内に取り込まれる酸素の2%が活性酸素になるといいますが、この他にも排気ガスや紫外線、食品添加物、ストレス、不安などでも活性酸素は発生します。

細胞が活性酸素によりサビていくと、ダメージを受けることになるのが、体じゅうの細胞なのです。老化やガン、生活習慣病などに繋がると考えられているのが、このような細胞の酸化なのです。次々に周囲の細胞も、活性酸素より1つの細胞がサビることで影響を受け、サビていってしまうのです。

この活性酸素を減らす作用を抗酸化作用といい、抗酸化作用があるサプリメントの需要がこの頃は高まってきています。増えすぎた活性酸素を除去することができる体には、元々抗酸化力があるものなのですが、あまりにも活性酸素が増加してしまったり、不眠や体力低下で抗酸化力が弱っていると、サプリメントなどを摂取しなければ改善することはできないのです。

そのような理由から、体内の抗酸化力を強化するために、抗酸化サプリメントを摂取するのです。例えば、ビタミンCやEは抗酸化作用がある栄養成分です。カロテロイド類と呼ばれるβ‐カロテンやリコピン、カテキンやフラボノイドなどのポリフェノール類も抗酸化作用がありますので、サプリメント選択する場合には参考にすることをおすすめします。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック